一撃の音声講義 平成27年度 問題7

平成27年度の問題7(憲法)を「全力」で解答してください。

問題7 財政に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 国費の支出は国会の議決に基づくことを要するが、国による債務の負担は直ちに支出を伴うものではないので、必ずしも国会の議決に基づく必要はない。

2 予算の提出権は内閣にのみ認められているので、国会は予算を修正することができず、一括して承認するか不承認とするかについて議決を行う。

3 予見し難い予算の不足に充てるため、内閣は国会の議決に基づき予備費を設けることができるが、すべての予備費の支出について事後に国会の承認が必要である。

4 予算の公布は、憲法改正・法律・政令・条約の公布と同様に、憲法上、天皇の国事行為とされている。

5 国の歳出の決算は毎年会計検査院の検査を受けなければならないが、収入の見積もりにすぎない歳入の決算については、会計検査院の検査を受ける必要はない。

解答が終わりましたら・・・

onseikougi
 こちらをクリックして、「一撃の音声講義」をお聴きください。

 

広告

 
ぜひぜひ応援クリックをお願いします!

banner

あなたの応援クリックが私のパワーです!
 

 

問題7 財政に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

 正解 

条文そのまんまの問題です。
確実に得点したい知識問題です。

1 国費の支出は国会の議決に基づくことを要するが、国による債務負担は直ちに支出を伴うものではないので、必ずしも国会議決に基づく必要はない

1.妥当でない
 国費の支出についても、国による債務負担についても、国会議決に基くことが必要です。

憲法 第85条

国費を支出し、又は国が債務負担するには、国会議決に基くことを必要とする。

2 予算の提出権は内閣にのみ認められているので、国会予算修正することができ、一括して承認するか不承認とするかについて議決を行う。

2.妥当でない
 確かに、予算を作成して国会に提出する権限は内閣にのみ認められています。しかし、国会は、提出された予算の審議・議決において、減額する修正も、増額する修正も行うことができます。

3 予見し難い予算の不足に充てるため、内閣は国会の議決に基づき予備費を設けることができるが、すべて予備費支出について事後国会承認が必要である。

3.妥当である
 憲法87条の通りです。

憲法 第87条

1項 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

2項 すべて予備費支出については、内閣は、事後国会承諾を得なければならない。

4 予算公布は、憲法改正・法律・政令・条約の公布と同様に、憲法上、天皇の国事行為とされている。

4.妥当でない
 天皇が国事行為として公布を行うのは、憲法改正、法律、政令及び条約です。予算は、ここに含まれていません

憲法 第7条

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
 一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

5 国の歳出の決算は毎年会計検査院の検査を受けなければならないが、収入の見積もりにすぎない歳入の決算については、会計検査院検査を受ける必要はない

5.妥当でない
 国の収入(歳入)についても、支出(歳出)についても、その決算は、毎年、会計検査院検査を受ける必要があります。
 また、予算は歳入・歳出の「見積もり」ですが、決算は歳入・歳出の「確定的計算」です。

憲法 第90条1項

国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

 

 平成27年度の問題一覧に戻る

 

 
ぜひぜひ応援クリックをお願いします!

banner

あなたの応援クリックが私のパワーです!