情報通信で出題!?「アドフラウド」

a0001_013311
情報通信で出題!?シリーズ、です。

今回は、「アドフラウド」について。

アドフラウド(Ad Fraud)とは、

広告(advertisement)に関する詐欺(fraud)のことで、

bot(ボット)、つまり、自動処理されるコンピュータープログラムなどを使って、不正にインプレッションやクリックを増加させることによって、Web広告の成約数や広告効果を水増しする詐欺行為です。

Web広告というものは、人間が閲覧してクリックすることによってはじめて、広告としての意味があるわけです。

しかし、アドフラウドにおいては、コンピュータープログラムであるbotを使って広告を閲覧・クリックしているので、広告としての効果は無いにもかかわらず、広告費が発生するのです。

簡単に説明しますと、

広告主が、ネット上の広告業者に広告のお願いをして、
「わーい、もの凄い多くの人に、我が社の広告を見てもらった!」
「いっぱい広告費を払ってあげるね!」
と喜んでいるのですが、

実際のところは、その広告を見ていたり、クリックしているのは、人間ではなく、ロボットなんですね。

広告主が、「騙された!」ってなっちゃうんです。