【無料】(塾生限定)ご質問・ご相談は、こちらです

【ご紹介】まさに、これ!

必要な論点を一網打尽にしながら、ポイントを一撃で解説する、これが、まさに最短距離の合格教材です。
「これまでの苦労は何だったんだろう・・・」と感じると思います。

  時間の達人シリーズ『行政書士24』

 

「一撃の合格塾」の塾生は、
「学習の内容」や「学習の方法」について、
私、T講師に直接質問することができます。

「学習内容」の質問は、
ご自身で使っているテキスト問題集の内容でも、
過去問に関する疑問点でも結構です。
ただし、法律実務的な内容や学問的な内容など、
行政書士試験の範囲を超えるご質問にはお答えできません。
「学習方法」の質問は、
勉強の仕方や時間の使い方、
行政書士試験に効率的に合格する方法など、
ご自身で抱えている疑問点について、
どのようなものでも結構です。

質問の方法は、

当記事の下のコメント欄に、
塾生の皆さんが勉強していて抱いた疑問点を、
できる限り正確に記入して送信して頂きます。

私が、当日又は翌日中に、
頂いた疑問点に対してブログの記事にして回答いたします。

ただし、状況により回答が遅れることも考えられますので、
ご了承ください。

「質問」「回答」も、
全てブログ上で公開することとなります。

メールと等でのやり取りはいたしません。

「質問」と「回答」を公開することで、
同様の疑問点を抱えていらっしゃる
当ブログの読者の方々にも参考にして頂けるものと思います。

下のコメント欄に、ご質問を入力してください。
その際、ご登録いただいた「塾生名(ニックネーム)」を
明確にしてくださいますようお願いします。

それでは、どうぞっ!

広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら

26件のコメント

  • くす

    こんにちは。去年落ちました。今年もひきつづきがんばります。もはや、合格より勉強することがライフワ-クになりつつあるような・・・
    で、質問です。嫡出否認の778条ですが実際、”後見開始の審判の取り消し”なんてあるのですか?経験がないのでピンときません。
    逆に取り消しがなければ成年被後見人のまま子を認知するということですか?そもそも認知能力自体ない場合もあると思うのですが…

    • T講師

      くす様、ご質問を頂きまして、誠に有り難うございます。

      くす様は、こちらの塾生登録をされていらっしゃいますでしょうか。
      【無料】「一撃の合格塾」入塾手続きは、こちらです

      お手数ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

      「嫡出否認の778条ですが実際、”後見開始の審判の取り消し”なんてあるのですか?」につきましては、調べてみましたが、残念ながら、私も分かりませんでした。

      また、民法778条につきましては、短期合格者の方は、その存在すら知らない条文ですので、ここに時間を割いてはいけないものと感じます。

      行政書士は、学習すべき論点が非常に多く、「いかに無駄を削るか」が重要です。

      反対に、メリハリをつけた学習をして頂ければ、「働きながら6か月で」合格して頂ける試験になります。

      今回は、頂いたご質問にお答えできずに、誠に申し訳ございませんが、是非、メリハリをつけた学習をして頂いて、今年の合格を勝ち取って下さい!

      • くす

        ご回答ありがとうございます。
        予想問題集にあった問題で疑問におもったのですが、あまり掘り下げないことにします。
        塾生ですが、ずっとスマホで読み込みばかりしてましたので登録した名前等、うろ覚えで…すみません

        • T講師

          くす様、すでにご登録の件、承知いたしました!

          いつもご覧を頂き、誠に有り難うございます。

          個人的には、「予想問題集」は敢えて重箱の隅をつつくような問題が多く、あまりお勧めはできません。

          行政書士試験は、まだまだ、基本的な知識で合格できる試験です。
          私のクラスでも、毎年、働きながらの一発合格の方がいらっしゃいます。

          知識を広げるのではなく、「知識を固める」ことを徹底した結果です。

          一発合格者の方は、知識が少ないです。
          が、知識の固まり具合がスゴイです。
          基本知識が瞬発的に出てきます。
          「えーと、えーと」となりません。

          このようなイメージで学習をして頂くと、より確実に合格することができます。

          是非、今年の合格を勝ち取って下さい!!

  • 楽俊

    T講師殿
    実は、尿管結石になってしまいました。

    不意に疼痛が、襲ってきまして、若干、勉強に差し障りが出てます。病気などした場合、治すのが先決ですが、時間がかかるものの場合は、どのように勉強すれば良いでしょうか、因みに、5mm以下ので、自然排泄を待つしかないです。痛みをコントロールしながら

    • T講師

      楽俊 様、遅れまして申し訳ございません。

      お体の調子はいかがでしょうか。
      良くなられましたでしょうか。

      実は、私も尿管結石を2回やっております!

      1回目は、原因が解らずに痛すぎて、死を覚悟しました。
      2回目は、原因が解っているので、病院にすら行きませんでした。

      尿管結石の場合は、安静にしていても治らないですので、気合で勉強!です。

      私も普通に勉強していました。
      時々「ウグッ!」となりながらですが・・・

  • 楽俊

    時間の達人を申し込みました。重宝してます。それで、講義に出席出来るカードが付いてました。出たいと思ってますが、回数に限りがあるので、行政法と民法になるかと思いますが、どの辺から出たらいいですか

    • T講師

      民法の債権から、というのは如何でしょうか。

      『行政書士24』をグルグルと回転させて、力を付けながら、債権から出席して頂ければ、知識の確認ができるものと思います。

      その前に、ご相談等にいらして頂いても結構です。

  • Nori

    T講師こんにちは(^^)

    質問というかなのですが、
    行政事件訴訟法での「無効確認の訴え」のイメージがいまいちわかりません。
    無効を確認?
    そして、執行停止も準用する...
    調べたら前の質問コーナーに似たものもあったので読ませていただきましたが、、、
    よろしくお願いします(..)

    • T講師

      Nori様、誠に申し訳ございません。

      ご質問を頂いていたのに、見落としてしまっておりました。

      明日、3/31(日)中に回答を作成させて頂きます。

      今しばらく、お待ちくださいませ。

      • Nori

        こんにちは。
        初めての質問だったので、なにかを間違えたのかとおもいました(^^)

        ありがとうございます!
        わかりやすいです(^o^)
        「公定力がある、ない」と「行政ゴリゴリきちゃうかも」で納得です。
        質問させて頂いて良かったです。またよろしくお願いします(^o^)

        • T講師

          Nori様、有り難うございます!

          また、いつでもご質問ください!

  • 楽俊

    時効の援用について質問します。
    甲土地所有者Xと乙土地所有者Yで、相隣関係の二人がいて、互いの土地は四角形だと思い、40年以上平穏かつ公然に使用してました。この度、土地の台帳の調査があり、役所の図面上は、実は、甲土地の一部が乙土地に食い込んでおり、互いにそのことについて、善意無過失でした。この場合い、Yは、時効の援用はできますが、Yの推定相続人Cが、時効で取得できますか。

    • 楽俊

      ありがとうございます。実は、この事例は自分の近いしい人に起きた事例で、相手方が、推定相続人の方に所有権を移してあげますと、取引相手から、言われたらしく、相談を受けました。推定相続人には、無理だと思ったのですが、何故か相手方が出来ると言ってまして、何か見落としがあるのかと思って相談しました。ありがとうございます。その話し合いの現場に私も同席しました。

  • 楽俊

    質問です。
    国税の処分を争うとき、裁判所ではなく、専用の窓口が一次ラウンドですよね。これは、国税だけですか。例えば、固定資産税や都市計画税の課税が、間違っていた場合は、役所を相手にして、不服申し立てという、通常の手続きで、行うんですか?

  • 楽俊

    時間が不規則な仕事なので、映像通学にしました。すいません、申し込みは完了してます。定例試験や重要問題演習は振替可能みたいです。もしかしたら、行政法や民法の授業に先生の講義に潜って出席しようとたくらんでます。また、一年宜しくお願いします

    • T講師

      楽俊様、是非こちらこそ、もう1年間よろしくお願いいたします!

  • 楽俊

    点数の通知が来ました。
    148点でした。

    また、頑張ります。次回は、選択だけで、合格点を目指します。

    • T講師

      楽俊様、ご連絡を頂きまして有り難うございます。

      あと32点になりますね。

      今回は、合格者の方は「行政法」で稼いでいらっしゃいましたので、
      まずは来年に向けて「行政法」を固めていきたいところですが、

      私としましては、この時期については、
      「会社法」「政治・経済・社会」「憲法」
      を固めておくことを勧めております。

      より確実に合格するために、
      外堀からしっかりと埋めていくことが重要です。

  • 楽俊

    お久しぶりです。結果出ました。残念ながら、不合格でした。葉書は来てませんが。
    もう一度、挑戦します。
    進めたかについて、相談です。映像通学になりそうなのですが、強化パックにした方が良いですか?先生の講義に出れるときは、出ようと思ってます。また、宜しくお願いします。

    • T講師

      楽俊様、こんにちは。

      お力になることができずに、申し訳ございません。

      「映像通学」でお考えでしょうか?

      そうすると、教室の講義に参加することはできなくなってしまうんですね・・・

      私としましては、楽俊様は、すでに多くの知識をお持ちですが、まだ「知識が固まっていない」ところの補強が重要となるものと考えます。

      『行政書士24』のように、論点が網羅的に無駄なくまとまったものを繰り返し視聴されることが、合格のために必要なものと考えます。

      また、お気軽にご相談ください。

      • 楽俊

        こちらこそ、力不足で、まだ、葉書が来てなくて、細かい点数はわからないのですが、パンフレットを見ますと、映像通学生、教室聴講制度があるのですが、それを使えませんか?あと、音声補講は、全面的にwebに変わったのでしょうか。先生に聞く質問ではないとは思いますが

        • T講師

          楽俊様、返信が遅れまして申し訳ございません。

          教室聴講制度は、「通信講座」のものだと思われます。ご自宅で勉強されて、ときどき教室にも参加できる、というものです。

          「音声」のダウンロードにつきましては、「WEBフォロー標準装備」に全面的に入れ替わりました。

          また、疑問な点がございましたら、ご連絡ください。

  • SHOKICHI

    分析会では今後のアドバイスも含めありがとうございました。
    今年の本試験は択一の平均点が高く記述の採点次第という不安を抱えながら前向きに合格発表を待ちたいと思っています。
    とりあえずの勉強として簿記3級、宅建士取得・・万が一という結果も考慮して民法の学習をしていく予定です。

    追伸、T講師も転勤等 職場環境の変化で大変でしょうがお身体に気をつけてください。

  • ヘタレ

    T講師、受験生の皆様、お疲れさまです(^^ )

    本試験が終わり、私の周りは皆「あーでもないこーでもない」とガヤガヤしております。

    回答速報を見て、不合格確実な人、合格確実な人、記述の採点次第な人。

    皆それぞれ今後の事を悩み、次への一歩の様子を伺っている状態です。

    それは試験の疲れやショックだったり、あるいはステップアップのための準備やクールダウンであったり様々です
    (´ー`)

    そこでT講師に質問があります。

    「もう吹っ切れている!発表前待たずして勉強を再会したい!」という意欲ある人達がいます。

    その中で多々話題に乗るのが、「経済的な制約により、受講が厳しいのだが、再度受講すべきか。」というものです。

    「多少経済的に苦しくなろうと、もう一度受講すべきか。」

    「廉価な通信教材を利用すべきか。しかし講義から離れてしまうのは不安だ。通信教材でも大丈夫なのか?学校は親身になってくれるのか?」

    「去年と同じ教材をそのまま使えるのであれば、独学でやるべきか。しかし法改正や時事に対応できるか心配だ。」

    受験生の状況、経済状態、事情、実力、モチベーションは人それぞれですので、一概にこうだ!と言えるものではないと思うのですが…。

    やむを得ずに、受講形態を変えてしまうことに不安を抱く方が多いようです。頻繁に話題に出るものなので、質問させていただきました。

    本試験で善戦する実力がある方程、次からの受講形態に強く悩んでいるように見えます。

    よろしくお願いいたします。

    追伸:T講師には大変お世話になりました。ありがとうございます。報告は個人的にさせていただきますね。開講に合わせてM校に伺います。

  • SHOKICHI

    一年間 講義ありがとうございました。
    分析会にも伺うつもりでいます。
    今年の本試験では択一で152点でした。
    記述で時間が足りず、44問は見当違いの回答で0点です。
    他の2問について採点をお願いいたします。
    45. 「Cの譲渡禁止特約について悪意又は重大な過失があることを立証すれば売買代金の支払いを免れる」
    46. 「加害者及び損害を知ってから3年又は不法行為の時から20年を経過して行使しないとき消滅する。
    45でかなり減点されるのか心配です。
    よろしくお願いします。

コメントを残す




CAPTCHA