一般知識をどこまでやるか

【ご紹介】まさに、これ!

必要な論点を一網打尽にしながら、ポイントを一撃で解説する、これが、まさに最短距離の合格教材です。
「これまでの苦労は何だったんだろう・・・」と感じると思います。

  時間の達人シリーズ『行政書士24』

 

一般知識をどこまでやるか、
本当に難しい問題ですね。

すずらん様からコメントを頂きました。
大切なところですので共有させて頂きます。

先生こんにちは。

今回紹介しているIT用語についての本、悩ましいです。

この1冊を読み切って覚えるのに掛ける時間と1問を取りたいという思い。

政治、経済、社会では得点を上げるのは無理だろうとの思い。

一般知識にあまり時間をかけられないという思い。

悩ましいです。。。

ちょっと愚痴になってしまいました。
ごめんなさい

私自身にも、明確な回答はございません。
それほど「一般知識」というものの扱いは厄介です。

殆ど全く対策しなくてもクリアーできることも有りますが、

かといって、一歩間違えれば、
積み上げた法令の実力を一発でチャラにしてしまう、
恐ろしい破壊力(足切り)も有ります。

最低限、確実に言えることは、
「民法」「行政法」で、
・5択で75%(28問中21問)
・記述で50%(60点中30点)

得点できる実力を付けることが最優先。

そこが厳しければ、「一般知識」は最低限こなしておけばOKで、
時間が有れば、「民法」「行政法」に割り振ること。

「民法」「行政法」が上記基準に達したのであれば、
・「文章理解」は、ある程度
・「情報通信・個人情報保護」は、徹底的に
勉強するべきだと思います。

「政治・経済・社会」は、時間を見ながら・・・
(最悪、何もしない、というのも有りです。)

以上を参考にして頂いた上で、ご検討ください。

個人的には、↑この本は、あまり「勉強!」という感じではなく、
分かりやすく面白いと思いますので、
他の勉強の合間に、コーヒーを飲みながら、流し読み、
という感じで使って頂くのも良いと思います。

 

「少しは役に立った」と感じて頂けたら、応援のクリックをお願いします!

banner

広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら