#010 浅く広くか 狭く深くか

「行政書士 絶対合格塾」から第10弾!
タイトルは「浅く広くか 狭く深くか」です。

行政書士試験の勉強法として、浅く広くか、狭く深くか。

結論としては、浅く広ーく確実に、ということですね。

そうなんですね。
行政書士試験で問われているポイントは、
もう本当に浅いんですね。

それを見抜けずに、問題文の全てをきっちりと読み込んでいると、
不必要な知識・理解に多くの時間を割かなければならなくなります。

合格するために必要な知識・理解は何か?

これを常に意識しながら、問題を解いて、テキストを読んで、
という勉強をすることによって、最短距離で合格できるのです。

何よりも大切なのは、「確実に」覚えることです。

今回も、お二人の先生方、有り難うございました。

 

広告

 
ぜひぜひ応援クリックをお願いします!

banner

あなたの応援クリックが私のパワーです!
 
広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら