#011 捨て問をどうするか

「行政書士 絶対合格塾」から第11弾!
タイトルは「捨て問をどうするか」です。

行政書士試験でもやはり捨て問が出題されます。

一口に捨て問といっても様々な意味合いでの捨て問が有りますので、
その対応もなかなか一筋縄ではいかないものです。

それでも、捨て問の解き方を意識しておくだけでも、
その正答率は間違いなく上がってきます。

そして、捨て問にどのように向かうのか、
いくつかの武器を持つことによって、
さらに正答率が上がってきます。

お二人の先生方が合格を掴んだ対応方法についても、
この映像で大切なヒントも頂けますね。

捨て問ですので拾う必要はないのですが、
いくつか拾えると合格の保険になりますよね。

今回も、お二人の先生方、有り難うございました。

 

広告

 
ぜひぜひ応援クリックをお願いします!

banner

あなたの応援クリックが私のパワーです!
 
広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら