行政書士の開業を現実化する方法

【ご紹介】まさに、これ!

必要な論点を一網打尽にしながら、ポイントを一撃で解説する、これが、まさに最短距離の合格教材です。
「これまでの苦労は何だったんだろう・・・」と感じると思います。

  時間の達人シリーズ『行政書士24』

 

行政書士としての開業を
現実化させる方法について、
色々と書いてみました。

ご参考になれば幸いです。

ちょっと前の話ですが、
すごいものを発見して、
私自身、心が揺れました(笑)

この待遇(給与等)は、スゴ過ぎます!



私自身も行政書士としての開業を、
常に考え続けておりますが、
その思うところを書かせて頂きます。

行政書士を開業するに際しては、
様々な環境の方がいらっしゃいます。

特別に収入を増やす必要の無い、
主婦の方や定年退職後の方は、

「やりがい」を中心にしながら、
少しずつ業務を広めて深めていけば、
それが最も良いものと思います。

それ以外の方々について考えますと、
開業当初は人によって様々ですが、
3か月~1年は収入が不安定ですので、

生活のため一定の収入が必要な場合は、
他のアルバイト等と同時並行での
行政書士開業が無難であると考えます。

私自身も、いずれ開業する場合には、
この「中学受験ドクター」
検討しています(採用してもらえれば・・・ですが(笑))。



待遇(給与等)がハンパじゃない感じですので。

行政書士の開業をしながら、
ということになりますので、
「正社員」採用は厳しいですが、

「非常勤・時間講師」で勤務しながら
(それでも十分すぎる待遇です!)、
行政書士として開業をすることが、

理想的なものと考えております。

(中学受験個別指導塾ドクターHP:講師応募・登録フォームより引用)

私が「中学受験生指導」
おススメする理由は以下の通りです。

 業務量が調整できる

中学受験生指導については、
ご自身の行政書士業務の状況に合わせて
調整できることが大きいです。

開業当初は顧客があまり増えないので、
中学受験でガッツリと稼ぎつつ、

行政書士の顧客が徐々に増えてくれば、
中学受験生指導は徐々に減らしていき、

いずれは行政書士一本に絞り込む、
という流れが作りやすいのです。

 業務時間帯がベストマッチ

中学受験生指導は、
「平日の夜」「土日」
が多いのですが、

行政書士業務は、
「平日の朝から夕方まで」
が業務のピークになります。

そのため、徹底的に稼ぎたい場合は、
二足の草鞋でしっかりと稼ぐことも
十分に可能なんですね。

ただ、この場合には、
お体に十分にお気を付けください。

 報酬が高い

他のアルバイトで兼業しながら
行政書士を始める方もいらっしゃいますが、

やはり中学受験生指導の報酬の高さは
とても魅力的です。

その中でも「中学受験ドクター」
さらに一回り上の報酬設定です。

短い時間で高い給与をもらいながら、
時間を作って行政書士業務を行う、
という生活が送りやすいです。

生活のためのアルバイトで、
時間がいっぱいいっぱいの状況では、
本末転倒になってしまいますので。

 コンサルタントの能力向上

中学受験生指導においても、
「先生」と呼ばれながら、

「モチベーション」を高めてあげて、
「やるべきこと」を指導する、
という点において、

まさに「コンサルティング」
そのものとなります。

中学受験生指導を行いながら、
コンサルティングの流れやコツを
しっかりと学ぶことができ、

行政書士(特にコンサルタント)
としての業務能力向上にも
ストレートにつながります。

以上、行政書士開業の際に、
安定して収入を得ながら、
行政書士としての資質を高める、

ということで、

「中学受験生指導」においての
「非常勤・時間講師」を、
ガッツリおススメさせて頂きました。

この点、まずはテッペンを狙う姿勢で、
この業界の最高の待遇を狙うことが、
向上心のためにも大切だと思います。



この業界の最高の待遇である
「中学受験ドクター」について、
仮に残念ながら・・・という場合にも、

他にも多くの中学受験塾が有りますので、
その受け皿はとても豊富です。
この点は、ご安心ください。

ご自身・ご家族の生活安定を図りつつ、
行政書士として開業することが、
やはり無難なものと考えます。

広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら