平成21年度 問題6 憲法 行政書士試験過去問解説

【ご紹介】まさに、これ!

必要な論点を一網打尽にしながら、ポイントを一撃で解説する、これが、まさに最短距離の合格教材です。
「これまでの苦労は何だったんだろう・・・」と感じると思います。

  時間の達人シリーズ『行政書士24』

 

まずは、平成21年度の問題6(憲法)を解いてみてください。

問題6 次の文章は、ある最高裁判所判決の一節である。この文章の趣旨と適合しないものはどれか。

〔憲法23〕条の学問の自由は、学問的研究の自由とその研究結果の発表の自由とを含むものであって、同条が学問の自由はこれを保障すると規定したのは、一面において、広くすべての国民に対してそれらの自由を保障するとともに、他面において、大学が学術の中心として深く真理を探究することを本質とすることにかんがみて、特に大学におけるそれらの自由を保障することを趣旨としたものである。教育ないし教授の自由は、学問の自由と密接な関係を有するけれども、必ずしもこれに含まれるものではない。しかし、大学については、憲法の右の趣旨と、これに沿って学校教育法52条*が「大学は、学術の中心として、広く知識を投げるとともに、深く専門の学芸を教授研究」することを目的とするとしていることとに基づいて、大学において教授その他の研究者がその専門の研究の結果を教授する自由は、これを保障されると解するのを相当とする。すなわち、教授その他の研究者は、その研究の結果を大学の講義または演習において教授する自由を保障されるのである。そして、以上の自由は、すべて公共の福祉による制限を免れるものではないが、大学における自由は、右のような大学の本質に基づいて、一般の場合よりもある程度で広く認められると解される。

(最大判昭和38年5月22日刑集17巻4号370頁以下)

1 大学における学生の集会は、大学の公認した学内団体であるとか、大学の許可した学内集会であるとかいうことのみによって、特別な自由と自治を享有するものではない。

2 大学の自治は、とくに大学の教授その他の研究者の人事に関して認められ、大学の自主的判断に基づいて教授その他の研究者が選任される。

3 遺伝子技術や医療技術など最新の科学技術に関わる研究の法的規制は、それが大学で行われる研究に関わるものであっても、一定の要件の下で許されうる。

4 学問の自由は、広くすべての国民に対して保障されるものであるため、研究費の配分に当たって大学の研究者を優遇することは許されない。

5 大学の自治は、その施設と学生の管理についてもある程度で保障され、大学に自主的な秩序維持の権能が認められている。

(注) * 当時。現在の同法83条。

 それでは、一撃の解説講義をご覧ください!

本問は、学問の自由に関する最高裁判所判決の一節を挙げたうえ、「この文章の趣旨と適合しないものはどれか。」という問題です。

前提知識なんか要りません。
その場で解けます。
単なる国語の読解問題です。

本件の最高裁判所判決と見比べながら、趣旨と適合しないものを探すだけです。

「趣旨と適合しないもの」というのは、「言ってることが違う」ということですね。

『言ってることが違う』でしょ!」
と言えるかを考えながら、
選択肢一つひとつ読み込んでいってください。

そして、それは・・・

ズバリ!
WS000006
判決では、
「大学」の「自由」は、「一般」「よりも」「広く」「認められる」
と言っていますが、
選択肢では、
「大学」を「優遇することは」「許されない」
と言っています。
これって、「言ってることが違う」でしょ!
これだけです。
これだけで正解が出ます。

正解肢である肢4から切り込んでいきましょう。
キーワードを赤文字にしてみました。

問題6 学問の自由は、・・・広くすべての国民に対してそれらの自由を保障するとともに、・・・特に大学におけるそれらの自由を保障する・・・。・・・大学における自由は、・・・一般の場合よりもある程度で広く認められると解される。

4 学問の自由は、広くすべての国民に対して保障されるものであるため、研究費の配分に当たって大学の研究者を優遇することは許されない

対比関係はよろしいでしょうか。
「学問の自由」という場面において、
「広く国民一般」「大学」とを対比していますね。

判決では、
特に大学における自由を保障する。」
大学における自由は、一般の場合よりも広く認められる。」
ということで、

「広く国民一般」「大学」とは、「違う!」と言ってます。

ところが、肢4では、
大学優遇することは許されない。」
ということで、

「広く国民一般」「大学」とは、「同じ!」と言ってます。

「言ってることが違う」のは明らかですね。

これだけで、肢4が正解で、オシマイです。

それでは、念のため、他の肢も検討しましょう。

肢1 「文章の趣旨と適合しない」とはいえない

1 大学における学生の集会は、大学の公認した学内団体であるとか、大学の許可した学内集会であるとかいうことのみによって、特別な自由と自治を享有するものではない。

そもそも、判決の文章では、
「学生」が云々、「集会」が云々、ということ自体、何も言ってないですよね。
そうすると、適合するとかしないとか、という問題も発生しませんね。

だから、「文章の趣旨と適合しない」とはいえないのです。

肢2 「文章の趣旨と適合しない」とはいえない

2 大学の自治は、とくに大学の教授その他の研究者の人事に関して認められ、大学の自主的判断に基づいて教授その他の研究者が選任される。

そもそも、判決の文章では、
「大学の自治」が云々、ということ自体、何も言ってないですよね。
そうすると、適合するとかしないとか、という問題も発生しませんね。

だから、「文章の趣旨と適合しない」とはいえないのです。

肢3 「文章の趣旨と適合しない」とはいえない

3 遺伝子技術や医療技術など最新の科学技術に関わる研究の法的規制は、それが大学で行われる研究に関わるものであっても、一定の要件の下で許されうる。

そもそも、判決の文章では、
「最新の科学技術に関わる研究の法的規制」が云々、
ということ自体、何も言ってないですよね。
そうすると、適合するとかしないとか、という問題も発生しませんね。

だから、「文章の趣旨と適合しない」とはいえないのです。

肢5 「文章の趣旨と適合しない」とはいえない

5 大学の自治は、その施設と学生の管理についてもある程度で保障され、大学に自主的な秩序維持の権能が認められている。

そもそも、判決の文章では、
「大学の自治」が云々、ということ自体、何も言ってないですよね。
そうすると、適合するとかしないとか、という問題も発生しませんね。

だから、「文章の趣旨と適合しない」とはいえないのです。

ということで、肢4のみが「言ってることが違う」のです。

 正解 

 

「少しは役に立った」と感じて頂けたら、応援のクリックをお願いします!

banner

広告

開業時の不安定な時期に高額安定収入を・・・

【ご紹介】この待遇(給与等)がスゴイです・・・


 行政書士の開業を現実化する方法

 

 
arigatou

 

 

 

パートナー行政書士

行政書士小松法務事務所

小松勇斗行政書士

代表 小松勇斗 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
アスコット行政書士事務所

藤原一雅行政書士

代表 藤原一雅 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら
小松行政書士事務所

小松由美行政書士

代表 小松由美 行政書士

ご相談やお問い合わせはこちら

コメントを残す




CAPTCHA